未来はどこにあるか

1 ABSなどで高名な大前先生は、人口動態図(いわゆる又は大前先生曰くいもむし図)を見て、将来を想像することを推奨されていたが、同じような話が家族療法や社会福祉の領域で存在する。ジェノグラム分析だ。(ナージの多世代家族療法、文脈療法のイメージがありますが)
2 ジェノグラム(家族図)は、家族の家系図のようなものに、年齢、同居関係など、多くの情報を加えてゆく。その家族の持つリソースなどを把握することなども可能であり、介護福祉支援などに大変役立つものであるといえる(正確でないかもしれないが)。私は、家族療法学会でジェノグラムの講義担当にお名前が挙がっていた、団士郎先生のアソブロックさんのWSに数回参加して勉強させていただいた(団士郎先生は児童相談所系のご出身で、名著「家族の練習問題」など、多くのファンをお持ちの先生である。)。その中で、ジェノグラムの使い方に、その図から、何年経過したらどう変わるのかなどを想像して将来起きるかもしれない問題点を把握するというかんがえかた、分析手法などを教えていただいた。
 例えば、今は全て中心の70歳の肝っ玉母さんががんばって家族を支えているが、何十年たってその母親が倒れるかもしれない、ではどう援助するか、というふうに分析し考えるのである。
3 今回これが思い出されたのは、このジェノグラム分析のWSの直後に、二十年近く前に会の相談運営委員会に出た際に「相談需給などの将来起こりうる分析のための調査」提案をしたときのことを思い出されたからである(当業種は、あまりそういうことに関心がないので、相手にすらされなかったが)。
 これはつまり、①法的サービスも人口変化によって提供の仕方が変化する→②そのためのサテライト(当時は会の委員であったので)→③そのための将来のセンターに生じる需給分析、設計対応のための、「現状の法的ニーズ人口などの基礎調査の必要性」をすべきではないか、というのである。特にABSのクラスメートに、空き地問題からのビジネス創出を論じていた方がいて、東京山間部のイメージが強く刺激されたこともあったと推測される。
4 なぜ、これがそれほど頭に浮かんだのかと言えば、裁判のIT化に伴う、利用者援助という議論があると聞き、そのサテライトのイメージが過去の記憶を思い起こしたようであった。
5 二重年近くたっても、未来がどこにあるか、よくわからない印象があることは変わっていないようである。

Follow me!